おはようございます。自然素材の家に騙されるな!と書きましたが、自然素材は確かに良いのです。

ただし、自然素材だけで建てられた家だと、そこに人が住むことにより色んな生活用品が入ってきます。

前回書いたように、家具、電化製品、衣類、本、食べ物、化粧品、芳香剤、消臭剤、ワックスなど沢山の工業製品が入ってきます。その物に使われている接着剤やインク、芳香剤から出る化学物質などが揮発して自然素材に付着してしまい、あっと言う間に自然素材が汚染されてしまうのです。汚染された自然素材の中に人が住むとどうなるでしょう。

だからそれらの化学物質や匂いなどを吸着分解する物がだいじになってくるのです。

こころ工房の家づくりは石油製品で出来たビニールクロスを使わず、化学物質や匂いを吸着分解する「幻の漆喰」を使うことにより室内の空気をいつまでも綺麗にしています。

吸着と分解をするのは「幻の漆喰」だけです。普通の漆喰や珪藻土、エコカラットなどは吸着はしますが分解はしません。

つまり吸着して飽和すると放散または用をなさなくなるのです。

だからこころ工房の家は光と温度に反応して吸着分解をする「幻の漆喰」を壁に塗るのです(^_−)−☆ 

次は調湿と吸水の話を。

 

No.3982 | 2015年5月25日 | ぴょん子